挨拶・沿革

院長挨拶|安心して住み続けられる街づくりを目指して

院長 積 豪英  天草ふれあいクリニックは2003年に開院以来、「安心して住み続けられる街づくり」を目指して医療を行ってきました。慢性疾患(高血圧症、糖尿病、脂質異常症など)・労災職業病(じん肺、振動障害)・水俣病(保健手帳申請、認定申請、裁判支援など)・在宅医療(住み慣れた環境で最後まで)などに取り組んできました。
 あまくさ健康友の会と共に歩み、健康づくりや街づくりなどクリニックから様々な情報を発信してきました。今後も医療を中心に据えながら、街づくりを地域の皆様と一緒に行っていきたいと考えています。

院 長 積 豪英 

沿革|天草ふれあいクリニックのあゆみ

2000年(平成12年)
11月
『天草に民医連の診療所を!』と地域住民の方々から要望を受け、「2002年春 スタートの会」開催。
地域の方々とともに建設委員会設置。建設資金集めや健康友の会会員集めなど取り組む。
2001年(平成13年)
2月
第1回あまくさ健康友の会総会開催
診療所の名称を応募し、「天草ふれあいクリニック」に決定
 
7月
起工式
2002年(平成14年)
4月
重岡伸一医師着任(初代院長)
天草ふれあいクリニック開設
2003年(平成15年)
7月
友の会が『バス路線を作ってほしい』と本渡市長に要望
2004年(平成16年)
7月
患者送迎バス『ふれあい号』運交開始
 
9月
原爆被爆者健康調査実施(〜10月)
2007年(平成19年)
4月
橋本和子医師着任(2代目院長)
 
10月
禁煙外来開始、敷地内全面禁煙に
2009年(平成21年)
4月
積豪英医師着任(3代目・現院長)
2015年(平成27年)
10月
無料低額診療事業開始
2016年(平成28年)
11月
在宅療養支援診療所・単独型届出

■職員数
医師1名 常勤看護師4名 非常勤看護師2名 常勤事務2名 非常勤事務2名

■施設基準
・在宅支援診療所
・在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
・ニコチン依存症管理料
・夜間・早朝等加算
・時間外対応加算
・明細書発行体制等加算
・がん治療連携指導

■指定保健・保健医療機関
・国民健康保険指定
・健康保険法指定
・生活保護法指定
・原爆医療指定
・労災保険指定
・結核予防法指定
・指定難病医療

その他 無料低額診療事業 プライマリーケア認定医
※平成29年3月31日現在

お問い合わせは、お電話又はメールにて。

生活習慣病睡眠時無呼吸症候群禁煙外来健診のご案内

お問い合わせ無料低額診療制度あまくさ健康友の会熊本県民医連

天草ふれあいクリニック マーク

社会医療法人 芳和会 天草ふれあいクリニック amafure.jp

〒863-0050 熊本県天草市丸尾町16番34号 TEL0969-24-1400  FAX0969-24-0312

トップページ挨拶・沿革クリニック通信在宅医療外来診療お問い合わせ
無料低額診療制度あまくさ健康友の会熊本県民医連facebook

PAGE TOP